机上九龍。

『デスクトップカオルーン』と読む偏った日常・GAME or DIE?

 Title → 金曜はゲームday(またちがう曜日に

2007/09/07(金) 23:58:12
きのうからの台風のせいで買いにいけなかった『シータ』を買ってきた
(ガンダム麻雀DSはガマンしたよエライ?

コレ公式サイトがあまりにもエレプラっぽく作ってあるのでそれっぽい内容なのかと思ったら純粋にパズルだった
いくつかの穴つき円盤を回して色の玉をうまくそろえる
ギアワークス(ていうPCゲーが昔あってねギアをうまく噛み合うように配置して動かす)みたいなカンジのパズルゲー

そのごほうびとしてのアクアリウムなんだなコレは
うーんいまいち 中途ハンパな感じもしないでも

またプレイしたカンジはあとでUPする


そして買ったついでにめずらしくだれも並んでなかったのでバトリオやてきた

きょうはフーバー
なんかこのコ赤ちゃんみたい
このゲームはドラクエバトルロードとちがってあまり考えずにボーッとプレイしてる(ていうかポケモンたちの可愛らしい動きに見とれてて戦法まで気が回らない←考えろよ)ので初回以外はボコボコに負けてる(笑
ていってもまだ3回目だけど
やってるとちゅうで後ろにおにいさん並んだのでいっかいで帰ってきた
ゲーム自体もやりたいけどこのパックが超カワイイので負けてもOK

あとパック入れてる缶はスイマーの小物入れ(以前みかんさんからいただいた物・ありがとー超ラヴリー!!
ホントに小さいのでピアスとかちっさいものしか入らないんだけどパック入れてみたらピッタリ!の大きさだったのでまだ枚数少ない今のうちならよゆうで入った
うん 気に入った
ゲームとか | TB : 0 | CM : 3 |

 Title → 『つんでツミキス』

2007/09/07(金) 22:23:59
積みゲー消化週間(すぐ終了←ダメじゃん

『つんでツミキス』をプレイしてみた

なんかひさびさにDSのゲームした
しかし なんというか ええと

ビミョー

なカンジです
ダメってワケじゃないんだけど地味
ホント地味
あのレッドの作品とは思えないなぁ(派手なのは王子作品だけかな

さて内容はというと

モードがみっつ
「ヒトリス」「フタリス」「エンドレス」
シャレか

まぁ文字通り ひとりプレイ・VSプレイ・エンドレスモード なんだけど
そしてひさびさの縦持ちゲー

とりあえずひとりプレイのほう

ええとカプリンというのは

この右下のちっこいコ達
色とりどりの三角形や四角やテトリス棒みたいなピースをうまく積んでいってこのコ達を条件に沿って規定数救出するのが目的
タッチペンでタッチしたあと画面から離さない状態でスライドさせると向きを変えたり移動したりすることが可能
タッチペンを画面から離すと落下してく
地面や他パーツに定着するまではなんども動かせる
右の縦バーがタイム(下に向かって減ってく
そんでいらないピースは画面外にポイって捨てることもできるんだけど
捨てられる数は毎ステージ決まっててそれ以上捨てるとロストとしてタイムが減ってく
ヘンな積み方で崩れちゃった分もロストになっちゃうので積み方には注意
ワタシはピースをぐるぐる回しすぎて勢いあまって画面外に(笑
あとエリアというのがあって一定範囲エリア内を4分以内にクリアしないとゲームオーバー
1ステージが複数エリアで構成されてる というカンジ
クリア条件にもエリア内クリアが含まれてる
えっとそんでひとりプレイはいちおうストーリーモードなのね
じつはプレイしててもどんな話なのかちっともわかんないんけど(笑

グラフィックはキュートでポップ
とってもカワイイ

んだけどホントにストーリーがわかんない
ちっこいカプリンたちを救出していくのはわかるんだけど
なんで救出するのかとかいまいったいどういう状況なのかとか
そういうトコがまったくナゾ(笑
まぁパズルゲーだからいいんだけどさ

VSプレイは対戦者がいないので
お次はエンドレスモード

キャラ救出などの条件はなくて延々積んでくモード
この積んだ高さの表しかた(左画面)がちょっと塊魂ちっく
1回目のプレイで奈良の大仏くらいまでいった
こっちはポップなキャラとかいなくてワリとリアル調
そんでなぜか花鳥風月っぽいふんいき

どのモードにも共通するのは
・ピースの接着点が多いほうが得点が高い
・となりあったピースが同色の場合はさらに高くなる

対戦モードはおじゃまアイテムや攻撃アイテムとかもあるみたい



ていうか
地味地味ビミョーとかいっててもこんだけ書いてるからじつは気に入ってるのかも(笑
ゲームとか | TB : 0 | CM : 2 |

HOME
Copyright © 2007 机上九龍。, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi