机上九龍。

『デスクトップカオルーン』と読む偏った日常・GAME or DIE?

 Title → 舞台版 薄桜鬼 新選組炎舞録

2010/10/22(金) 14:32:22
風邪は良くなりつつあるのかどうかよくわかりませんが扁桃腺の腫れが引いてきたと同時に咳がひどくなってきてもっと奥の喉が痛くなってしまってなにやら
鼻水が外に出ず喉にきて痰になってそれを出そうとするので喉の最奥が荒れる
たまに血が混じってたりするのでさらに総司ごっこが(止めれ



さて先週の木曜 あむかさんと薄桜鬼舞台を観に行ってきた
20101014薄桜鬼舞台01
うお もう1週間以上経っちまったじゃねぇか
さすがに忘れかけてるので感想っていう感想が出てこないんですが(笑

自分は中村誠治郎くんが出てるっていうのをかなり後になって知って
(遙か舞台のときに天真役をやっててそこでファンになった
どーしよーかなぁまだ(当日は)土方ルート終わってないしなぁでも観たいなぁとか
そこで思い切ってあむかさんをお誘いしたらばOKをいただいたのでいそいそ行ってきた

+eでの追加公演出たあとだったので平日分で取れたチケットは3F後方
でも銀河劇場は超見やすくてシートも大きく悪くない劇場でした
自分は待ち合わせの1時間くらい前に着いて先にポスターでも撮っておくかとか劇場入口に行ったらば
もう列がズラーーーッとなっててナニこのお嬢さん方グッズ販売の列?とか思った(たぶん当日券のお客ではないかとw
先にサ店でくつろいでたらすでに居るお嬢さんや後から後から入ってくるお嬢さん方たぶんぜんいん薄桜鬼(笑
同ビルのサラリーマン風の外人さんたちがちょっと驚いてましたそりゃそうだ普通いないもんなこの時間帯に妙齢のおなごがこんなにたくさん
その後仕事帰りのあむかさんと17時半に待ち合わせて軽く晩ゴハンを取っていざ劇場へ

どうする?まだ開場までちょっと時間あるからグッズとか見てみる?と並んだら
20101014薄桜鬼舞台02 20101014薄桜鬼舞台03
パンフとブロマイド買っちゃった
ブロマイドなんて買ったのいつ以来だ(笑
このぱっつぁんは公演前のヒゲver.
いろいろ物議をかもし出したみたいだけど戦してたら無精ヒゲも生えるってモンで
ワイルドぱっつぁんもだいすきよ(誠治郎くんならなんでもいいんだが

さて舞台の内容はというと
いろいろなルートを組み合わせてなかなか上手く作ってあったと思う
アレ全部詰め込むの大変だしなぁ よくがんばった
思ったより真剣に観てしまったよ
ラストはあーコレ副長のBADと真EDの融合なんだなたぶんとか予想しながら
このラストにしてくれてある意味ありがとう(ほらまだこの時点ではゲームの真ED見てなかったからさ

自分は舞台役者さんをあんまり知らないので誠治朗くん目当てだったのだけど今回左之と平助にやられた
いやもー平助くんのかわゆさと言ったらもーもー!!
あんなに長いポニテが似合う子いないよ!!
洋装で髪切ってからあぁもったいないって思ったけど短くても可愛かったこのコ・・・!(オペラグラスでアップで観ておにゃのこかと思ったくらいかわゆい
あと声もよっちんぽくてしゃべり方も似てたよ あーかわゆいかわゆいw
左之さんも洋装のビラビラ陣羽織(きりさん曰くジャニ衣装・笑)が殺陣で動くたびにひるがえって超カッコよかった
こちらも雰囲気がゲームの左之ぴったりで槍の扱いも上手くて惚れた
あとは不知火と天霧もイメージ通りでステキ
話し方とか声とかまさにそのものですげぇ良かった
どっちもやっぱり超良い人だったしwww
ぱっつぁんはもうムードメーカーでがんばって笑いを取ってて楽しかった
やっぱり誠治朗くん好きだわー自分
思ったより出番も多かったのでうれしい
オペラグラスでは新八・左之・平助の三馬鹿トリオをずーーーっと追ってたよ(笑
あとは源さんが超かわいかったよ!!
ほらゲームで「君くらいの娘がいてもおかしくない」ていう意味合いのことを千鶴に言うとこあるじゃん
あそこでホントは若い方だから「・・・娘?」って(会場内爆笑
なんかねそこがもう超かわいかったのでそのあとの源さん死んじゃう場面が涙目になった
総司も子供っぽいとこが上手く出てて可愛いししゃべり方も森久保さんぽくてよかった
あの明るく怖いことをあっさり言うところがね
ときどき訛ってるのも可愛かったし(笑
咳き込んで倒れるのも上手いよなぁああいうのわざとらしくなっちゃってむずかしそう
ちょっと残念だったのは風間と副長
上手い下手とかそういうんじゃなくて
しゃべり方とか声のトーンとかが自分のイメージと違ってただけなのでファンの方ゴメンね
土方役の人は殺陣とか上手かったし独白部分はすごく感情こもってて良かったしね
ちー様はもっとこう・・・不遜な態度で虫けらどもを見下すような蔑むようなカンジで!!
あと前半は全員台詞が掛け合いになりすぎてかなり早回しみたいになってたけど後半は落ち着いてきて良い間合いになってた
そして全体的にまったく元・乙女ゲーじゃなくて新選組異聞っぽくシビアな話になっててそこも原作ゲームっぽいよなとか思った

あとコレは内容とは関係ないけど前半は前席のおねぇちゃんがずっと前のめりになってふらふら頭を動かしてたので中央付近がほとんど見えずイライラした
後半は静かになったので助かったけどそのまんまだったら注意しちゃったかもしれん
役者見たいのはわかるけど止めてくれよな!オペラグラス持って来いつうの


そんで観終わった後にあむかさんとバーで一杯やって帰ったんだけど
やっぱ平助と左之のブロマイド買っときゃよかったかなとか(帰りのグッズ列がすごかったのでめんどくさくなってやめた
「羅刹化のときに眼も赤くしてほしかった」「それは無理」とか(白かつらは一瞬でかぶれるけど赤いコンタクト入れるの大変だもんな・笑
洋装斎藤の腰のビラビラが無いのは不満とかちょっと和服(特に浅葱色の羽織)安っぽくないかとか(衣装はちゃんと絹混製だったらしいが実はシルク素材というのは舞台では薄すぎてあんまり映えずに安っぽく見えるんだよね
槍と平助にやられたーとか
「うーん翌日の昼追加公演も行こうかなー自分」「マジで!?」とか(いや行きませんでしたけどねクマに時間かかってさぁ・笑

あんまりちゃんとした感想になってなくてスマン
役者さんのお名前も誠治朗くん以外見ないとわかんなくてスミマセン
あと1週間以上前の話なのでいろいろ間違ってたらスミマセン
でもやっぱり観に来てよかった&ゲームやってて良かった
そしてあむかさんお付き合いありがとう!
役者さんたちもありがとう 次回再演でお待ちしております(あるのか
あ DVDはとっとと予約しましたあまぞぬで(笑

ゲームとか | TB : 0 | CM : 0 |

沖田ルート終了HOME木曜はゲームday(25周年ですよ

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://kananm.blog47.fc2.com/tb.php/2441-128d6c6b


HOME
Copyright © 2017 机上九龍。, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi