机上九龍。

『デスクトップカオルーン』と読む偏った日常・GAME or DIE?

 Title → 薄桜鬼 黎明録 斎藤・沖田ルート+ノーマルBAD終了

2010/11/16(火) 22:31:22
既読スキップはいいねぇ リリンの(ry

斎藤と総司は最初のBAD(途中まで斎藤ルートだった)でけっこう観ちゃってたりするので飛ばしまくった
イベントや選択肢の前後はスキップ止めて読んだけどね
特に斎藤は二章後半くらいで間が空いちゃったからなんだかわからんようになってた(笑
まぁそんでも今日いちにちでふたりぶん+αよくがんばったオレ(自画自賛
両ルートはBADも回収済み

この先はまたネタバレやスチル有りなのでうっかり見ちゃわないように
そんな細かいことは構わん!という鴨さんの様に豪気な方は“more...” ↓ からどぞ




斎藤ルートはまぁなんつうか花のようなというかお月様みたいというか剣術馬鹿?(笑
本編ほど血生臭く感じなかった
あと意外とコミカルな場面が多いのねこのルート(笑
なんつうか朴念仁な本人と相まってそこがけっこうツボでかわゆかった

20101116黎明録斎藤01
右差しのことだけではあるまい<異様な風体
この人のかもし出す雰囲気がそう思わせるんだろうなぁ
生きてるカンジがしないっていうか ← 血が通ってない的な意味ではないよ
清廉潔白な白百合のような人なのでね(スミマセンかなり夢みてます

オレ龍が嫌がっても邪険にされても剣の稽古に誘いに来る斎藤が律儀
新八とはまた違った愛すべき剣術馬鹿
しまいにゃこっちが折れるくらいの熱心さ(笑
昔の総司との試合とか新八との御前試合とかもしかしたらこの面子の中でいちばん夢中になるタイプかも
そして剣のことに関してだけ饒舌になるのもかわゆい

20101116黎明録斎藤02 20101116黎明録斎藤03
コレめっちゃワロタwwwww
本人真面目なのに結果的に超コミカルなことになってるのはメシ時のおかず争奪戦でも同じレベルで
まったく笑わそうとしてやってないのがまたかわゆいしーもー(メロメロ
激昂してつかみ合いする山崎というのも珍しいので楽しく拝見しました

それと最後のココ
20101116黎明録斎藤04
新八との真剣勝負
文字通り生かす剣で新八を破った斉藤
この台詞が超イカス(シャレじゃないです
たぶん斎藤はかなり永倉を気に入ってるんだなぁと
そして斎藤ルート内での新八の出番がかなり多くてあまりしゃべらない本人の代わりにいろいろ過去話をしてくれたりして新八の株は黎明録でかなり上がってると思う(もともと人気あるけどね・個別ルートが無いことをPS2の時から惜しまれてたし

斎藤ルートは龍に生きる道を教える話でもあったと思う
生きる道というより自分が何をしたいのかを見つけさせるっていうか
絵と剣(しかも人斬り)ではまったく違うけど
死なないように生きるのではなくそれをやる為に成し遂げる為に生きろ
そう龍に教えた斎藤が再会したとき羅刹になっても守りたいものを見つけたことに安堵しその姿に感動したのがあの錦絵なんだなぁと
(この時の錦絵カズキヨネさん絵で描いてほしいなぁ描き下ろしとかで ← 無理言うな
まだ土方と左之ルートが残ってるけど3人終わってその後の龍の生き方がいちばん良いなと思ったENDだった

あとね
エピローグ挿話 斎藤デレ過ぎwwwww
もうみてらんない とか吉牛コピペフレーズを使いたくなったくらい
あまりのバカップルぶりに転げてました見てるこっちが恥ずかしい・・・・・!!



そして沖田ルート
こっちは泣きが入りっぱなしだったなぁ
本編でも明かされてなかった試衛館時代っていうかチビ総司がさぁもー
なんつうか辛いねコレ
この時代こういう子たちはたくさんいたと思うんだけど
そんな中で近藤さんという存在に出会えて幸せだったのかそうでなかったのか
彼の“剣になる”という決意は悲しいなと思った

20101116黎明録沖田00
だからこういうシーンがあると楽しい場面なのに逆に悲しいっていうか淋しくなる
ホントに近藤さんが好きなんだなぁ大事なんだなぁ
親代わりとかそういう簡単な存在じゃないんだなぁと
(うしろの相変わらずな腹キズ自慢で笑ったけど・笑

20101116黎明録沖田01
子供時代の話も可哀相(あえて可哀相と書いた)だけどこういうところが総司の成長し切れてない子供みたいな部分がそのまま出てるなぁと
その生い立ちから 要らない と言われることに非常に過敏な総司
土方に江戸に帰れと言われたときが特に顕著で土方が総司を邪魔に思って帰そうとしてるなんてホントは総司も思ってないはず
でも自分は必要じゃない役に立たないと思われるのがすごく堪えるから結核に罹っても戦いたかったんだろう
この考えは最後まで総司の根底に根ざしてて近藤さんが死んで千鶴が唯一無二の存在になってからもずっとそう思いつづけてるような気がする

人を人とも思わない人斬りをしてほしくない近藤さんと命令とあらば(近藤さんのためならば)誰でも斬ると言い切る総司
お互いを思い遣っている関係なのにすれ違うのはホントに悲しい

そしてここのエピローグ挿話もデレまくってたなぁ
この新婚バカップルめ言われなくても帰るわ!!
と龍でなくとも言いたくなるくらい(笑
どの千鶴でも法子ちゃんはかわゆいですw



そしてノーマルBAD
これは三章で終わりなんだけど(全員の友好度が低いままで三章参ノニから始める)
なんと ここで ちー様が!!
いやちょっとビックリした 聞いてないよ!的な(笑
短い出番だけどなんとも豪華なゲストってカンジで
ちゃっかりエピローグ挿話ちー様編まであります流石だ


明日からは副長 → 鴨 → 左之(小鈴)とやっていきたい
もうウチの旦那はんはラスト!だれがなんつってもラストに
妻の務めですから(ォィ
(でも実は鴨ルートもワリと楽しみにしてる


ゲームとか | TB : 0 | CM : 0 |

goさんに再DLHOMEいちにち構いまくり

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://kananm.blog47.fc2.com/tb.php/2476-cf794237


HOME
Copyright © 2017 机上九龍。, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi