机上九龍。

『デスクトップカオルーン』と読む偏った日常・GAME or DIE?

 Title → 大陸に咲く恋

2011/06/21(火) 20:22:17
つうワケで待望の『三国恋戦記~オトメの兵法!~』をプレイ開始
20110620恋戦記01
やーPCからの移植を待って待って待ちわびた!
待ちすぎて年とっちゃったよ(笑
つうかなぜにPS2なのだ画面比率とかいろいろ面倒なのはわかるけどさぁ
どうせいずれPSPに移植するなら(なると決め付けてる・笑)今やってよー
とか文句言いながらもPS2くんをお掃除したよ(常にホコリまみれ ← ひどい

えっとどういうゲームかというと
現代の女子高生が三国志について課題で調べてたら変な本を見つけてそれを読んでるうちに水滸伝の世界へタイムスリップ!なんと孔明の弟子という肩書きで戦争真っ只中に身を投じる事に・・・貴女は軍師として自軍を勝利にみちびかねばならない!そして出会う武将たちとの恋・・・果たして自分は帰れるのか?それとも帰らないのか!?
的なお話(簡単過ぎるしどっかで聞いたようなキャプション・笑
こう書くと舞台やシチュエーションは違えど良く使われてる設定だなぁ

PC版をプレイした方々の感想や評判が良かったのと声優さんたちがめっさ豪華で自分もいずれはやってみたいと思ってたんだけどウチのダイナさんもう瀕死寸前なので無理っぽかったしPCでゲームすんのもうけっこう辛いのよ・・・
ということで「絶対移植するよね!!」と根拠のない希望でずーーーっと待っておったのですよ(でもPS2・笑

20110620恋戦記02
こんなカンジで選択肢を選ぶだけでゲーム性は低いんだけど
要所要所に『軍議』があって自軍が取る戦法について同じように選択肢を選ぶんだけどクイズ方式っぽくなってて直前にちゃんと本に書いてあることをよく読んで憶えておかないと間違えます
自分は普通に始めたんだけどイージーモードもあるので自信がないていうかめんどくせぇつう方はそちらのモードをどうぞ(タイトル画面で選択可能

昨日の午後から始めて今朝ノーマルEDをクリア
最初だからセリフ全部聴いちゃってなかなか進まなかったよwww
あと自分三国志って疎くてね名前や土地名が覚えられなくてさぁー(バカだ
漢字も常用当用でないのですぐ出ないっつうか手書きいちいち起動してられないのでてきとうになるけどスマン
それと盛大にネタバレしてるので未プレイの方はバックオーライ

志があればそんなことは厭わん!という方は“more...” ↓ からどぞ



なんでノーマルから行こうかと思ったかというとね
まずさっき書いたように三国志ていうか当時の中国勢力図とか武将とか地名とかまったく知識がないのでとりあえず大まかな流れとか人名だけでも把握しておきたくてですね
あと最大の理由が
安而@花輪さんが輝いてるシナリオだと聞いていたからなのね(笑
もうオレ花輪さんだいすきでだいすきで!
中の人つうより本人そのものが大好きで(ォィ

なのでいろんなひとをちょっとづつ味見っていうかあまり仲良くならずに進める方式で
めんどくさいので攻略サイトさんを参照させていただきましたありがとう


以下気になったところ(ていうか萌えたところ・笑

この主人公ちゃん乙女ゲーにありがちが天然ボケでも頭は悪くないし器量は並みだけどそれなりにはかわゆく真っ直ぐなので一目置かれる的なキャラ設定なんだけど
そこはまぁいいんだけど

もうちょっといろいろ驚け てめぇら(笑

毎回思うんだが過去とか異世界とか異国にタイムスリップして
「とりあえずココがどこか聞かないと・・・」とか冷静になんの超早ぇよ!www
地元の方々も「変な服」とか「遠くの異国から来たから」くらいで納得すんなwww
もうちょっと疑うとかねぇのかよ(笑

まぁそこは“ゲームですから”いいんだけどねwしかしいっつも笑うわ

20110620恋戦記03
玄徳さんが地面に描いた馬
かなん オマエさらっとひどいこと言ってるな(自分だろ
溶けかけたつう表現がナイスだ

20110620恋戦記04
ワリと元凶っぽいアホ毛師匠・孔明(笑
杉田がさぁwwwww一所懸命威厳を出そうとしゃべるところがどうみてもアホ師匠ですありがとうございました
見ての通りお師匠さまは外見がだいぶ若く可愛らしいので杉田の野太い声がちょっと合わないような気がしたけどそこは心の目で補正します大丈夫だ問題ない
人を煙に巻くような台詞回しはやっぱり上手いなぁと思うこのひと
そういうときと優しく諭すような慰めるようなときとのギャップが萌える
まだ導く人っていうレベルでしかなかったのでコレが個別ルートに入ったらどんだけ萌えるんだといまからわくてか

まぁその他にちょっと服ダサいアニキ・玄徳や赤い色情魔・孟徳やオレ様ツンデレ王子・仲謀(ひどい言い様だけど愛ですよ)やそれぞれの側近従者たちに「ウチに来てくれ」「いやウチに」「おいウチに来るんじゃないのかよ」的な中途半端なハーレム状態で流されるままに進んでいったのだけど

途中でさらに別の時代に飛ばされるあたりで一変した
そうかノーマルルートはコレだったのか
誰とも恋仲にはならないけど主人公がタイムスリップした意味がわかるルートだったよ
なぜ孔明はいちばん最初に迷い込んだ主人公を弟子だと言い導いたのか
なぜさらに前の時代に飛んだのか
それぞれにちゃんと意味があって繋がるようになっているのは上手いと思った
出てきた瞬間すぐにわかったよ亮くんw

そしてこのルートで輝くのが先ほども書いたこのひと
20110620恋戦記05
安而@花輪さん
黄巾の乱真っ只中に飛ばされたとき協力してくれたこの安而がもうなんつうかすげぇイイ男だ惚れた!!結婚してくれつうかしてしまえオレ軍師!つうくらいカッコよかった!
言われるほど怖い形相じゃないし武将たちよりも男前に見えて仕方なかったよマジで
計画を無視して敵将を討ち取ろうとキレるところもちゃらんぽらんな女好きに見えてやっぱり信念の男なんだなぁと惚れ直した
もちろんそこは主人公 脇キャラによろめいたりはしないんだけどさ(泣
20110620恋戦記06
なびかないならそういう思わせぶりなこと言うなつうの>オレ軍師
ノーマルルートなら自分はこの時代に残りたかった・・・

そして えっそこで!?っていういいところでまた玄徳の時代に戻ってくるんだが
ここの引きがけっこう良かったなぁ詳しく書けないけどw
戻る間際の出来事もまた玄徳時代に関わってくるので上手く伏線張られてるなぁと
伏線云々も個別恋愛ルートだとうやむやになりがちだけど今回はノーマルなのでちゃんとそれが生きててなかなか良かった

戻ってきて最後の戦いあたりで 老けた安而キタ-----!!
20110620恋戦記07
うーん老けたつっても元々の顔が顔だからぜんぜんわかりません(いや同じ絵うわなにをするやめr
変わらずイイ男で(ノリも変わらず・笑)泣けた

もうこの話 安而ルートって呼んでもいいですか

この人が茶化したしゃべりをした後そっと本心を言うところでもう毎回転がってた
なんで安而攻略できないかーーー!とか叫んでたよ(どんだけ
だいたい攻略できるメイン武将や側近よりも出番が多かったしな!
なんか薄桜鬼のぱっつぁんみたいだwww

というワケで安而@花輪さんルート終了(違
ENDリストに載るのはぜんぶで3つ
・黄巾の乱に入る手前の選択肢で
「こっちの世界にいるべきじゃ~」を選ぶと → BADEND
・ラスト手前(明日消える決心をするところ)の選択肢で
「ここに残るべき~」 → BADEND
「警戒するような去り方を~」 → 真ノーマルEND(スタッフロール有

だと思うのだが共通ルートでまだ埋まってないのでニンともカンとも
けっこうたくさんENDリストがあるようなので埋めたい
聞いた話だと一度エンディング見ても同じ人2周目で別の選択肢やなにやらいろいろ追加されるらしいので既読スキップ大活躍だなこりゃw

さて一周して全体的な印象は
良くも悪くも元・PCゲーかな
テキストがアッサリしてて(主人公の性格にも寄るんだろうけど)簡潔
うっかりすっ飛ばしててもなんとなく進むし(まぁ諸勢力のとこはそれなりにテキストあったけど聞いてなくてもぜんぜん大丈夫だ問題ないマジで
最近のコンシューマ乙女ゲーはダルいテキストで進めなくなったモノも多かったのでそういう意味では助かる
アッサリしすぎてそれで終わっていいのか!的なとこもなくはなかったけど実際の歴史や勝敗がどうだっつうゲームでもないしね(笑
その前の薄桜鬼やシュタゲが内容的に相当重かったので逆に肩の力が抜けるカンジで気軽に楽しめたかな
しかし個別ルートに入ったらそれはそれですげぇんだろうなぁわくてか

巻き戻しシステムはラクだった
L1でいつでも戻れるし(1枠ずつだけど)いちいち「戻しますか?」とか聞いてこないのでウザくないしシステム周りがシームレスだったと思う
でもスキップは1枠ずつじゃなくて未読と選択肢まで全すっ飛ばしで頼む
ジャンプ機能(選択肢まで飛ぶ)とかに分けなくてもいいんじゃね?

あと誰とも親しくならない道を選んだのにいたずらに「親密度チェック」を見てちょっとずつ変わるセリフを聞いたりしてたw
もちろんタイトル画面やメーカー画面で中の人たちが代わる代わるコールしてくれたりするので楽しい
CGモードなんか「足らねぇなぁやる気あんのか?」とか言われたりするしw
こういう遊びは必要だよねぇ中の人ゲーであればなおさら


あるぇー個別ルートじゃないのに長くなったわ(笑
これから先が思いやられますwww
さぁ次は誰から行こうかな

ゲームとか | TB : 0 | CM : 0 |

中原の王子様HOMEまたまたうれしいお届けもの

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://kananm.blog47.fc2.com/tb.php/2698-1ed385db


HOME
Copyright © 2017 机上九龍。, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi