机上九龍。

『デスクトップカオルーン』と読む偏った日常・GAME or DIE?

 Title → ワンコと風紀側近

2011/06/28(火) 14:05:41
みたいなんだもん翼徳と文若って(笑

はいはいまだ『三国恋戦記~オトメの兵法!~』ですよ
意外となかなか終わりません
おとといはお出かけしてたし同居人がいるとやっぱりちょっちさぁ(笑

本日の記事はわんこ翼徳と文官というよりも融通利ずの風紀委員長みたいな文若です
いやだってそんなカンジしねぇ?<文若
ホントに頭固いつうかなんつうか
翼徳はそのまんまですこれでホントに年上なのか(笑


通らぬ筋なら押し通すまでだ!という腕力勝負の方は“more...” ↓ からどぞ




スキップ多用できるし選択肢ごと飛べるし速度も早いのになぜかというと
2周しないとスチルが埋まらない つうのもあるんですよコレが

この2人はワリと短めだったのでいちにちでふたりとかできたんだけど
BAD回収のためにセーブデータいくつも取って置いたりするとけっこう時間かかるのね
選択肢以外に好感度でもBADに行くパターンもあるのでキャラによってはかなり早い段階で好感度の計算をしてルート入りしないとという回収がめんどくさい場合も

ちょっと今回飽きてきたのかこのふたりは2周してないんだけども
ENDロール見てたらCGは追加されないっぽかったので声聞くだけなら別にいいかとか


まずわんこ翼徳から
この子は恋愛っていうより兄弟とかそんなカンジでかわいかった
20110627翼徳
いちばんかわゆかったとこ(笑
そうそうわんこって悪いことしたと思ったときってこんなカンジだよね
しかも雲長に隠れ切ってないのに隠れてるつもりの翼徳くんがもうね(笑

具合が悪くなったとき物陰でデカい身体を隠すように眠ってたのが印象的
犬や猫が死期を悟った時飼主から見えないところで死ぬのと重なった
もちろん彼らも弱ってる時に外敵から身を守るために隠れるのは本能だけど
翼徳もそういう境遇を生きてきたんだと思うとこんなに明るい子なのにすごくかわいそうになった

翼徳はたぶんちいさいころからかなり不遇で苦労したんだと思う
そのあたりはちょっとしか触れられないけど(子翼徳も見たかった
役人が怖いとかそういう程度じゃないはずで
玄兄とか雲長といっしょになってからはすごくうれしかったんだろうなぁってカンジがすごくわかる
主人公がいなくなるってわかってからも笑顔で送り出そうって思ってくれるその気持ちがうれしかったね

ラストのスチルは泣いた赤鬼みたいで八重歯と泣きべそがかわゆかったw
主人公といるといちゃいちゃしてるっていうよりもじゃれあってる柴犬の子犬同士みたいでめっちゃかまいたくなるよねこの子たち(笑
そんなカンジの翼徳ルートでしたw


次は“風紀委員”文若なんだけど
もう頭固い固い!!疑ってるとかそういうアレじゃなく根っからそうなのねこのヒト(笑
ワリとウザいなぁとか思いながら始めたんだけど
あーなんつうか 途中までは公瑾と似てるかな
大人なのに天然の主人公に引っ掻き回されて戸惑ってっていうかムカついてるんだけどそれがだんだん気になってていう展開
しかし大人ふたりやって思ったんだけど子供組より精神的には弱いですな
それまでの経験やしがらみや志やでもそれだけでは上手く行かない現状などがいろいろ重なってるからなんだと思うけど(仲謀ももちろんその真っ只中にいたんだけどかなり真っ直ぐな子だったので)だいぶ主人公に心の拠り所を求めてるような気がするなぁと
まぁ公瑾も文若も(真ENDでは)病んでないのでまだ真っ当な方か
ヤンデレと噂の高い孟徳がどうなってるのか大人組では期待大です(笑

そんななか下戸と寝ぼけて嫉妬して抱きつく(オイw)場面は面白いw
寝ると本心が出るなのか自分の主に対してもヤキモチ妬くつうのが意外とかわゆい

20110627文若
ラストのスチルがコレまででいちばん夫婦(めおと)だった人(笑
主人公もこっちの世界に残った後日談の中華装束がかわゆくて好きだなぁ
だって制服に軍師羽織着ただけっておかしくね?アレじゃあ目立ってあたりまえだよ
しかし文若さんは正装がちゃんと似合うからいいよね師匠なんてさ・・・(爆笑


この2人に限らず自分が恋戦記をプレイしてていつも思うんだけど
自分に言われてるっていうより主人公との恋愛に至るまでのドラマを観てるようなカンジなのね
薄桜鬼とかはほとんどのキャラ(土方さん以外)のセリフにギャーーーてなったんだけど恋戦記ではそういうのあんまりなくて
アンタらナニやってんの恥ずかしい!!つうのでギャース!!ってなったのはあるけど(笑
今回のふたり(とさっきまでやってた玄徳)はすごくそんなカンジした
うーんと上手く言えないけどJKの恋バナ聞くみたいにお友達の恋愛を見守る的な?
どっちも話は戦争だし殺し合いだしで血生臭い時代だし主人公も健気で良い子なのにこうも違うのねーもちろん絵柄やシナリオや描き方もあるんだろうけど
(薄桜鬼はもはや乙女ゲーと言っていいのかどうかもわからんが
でもそういう意味では恋戦記は安心して見てられるのでホッとする
後日談以降を想像してほっこりできるかわゆいゲームですw


つうワケであとで玄徳ルート記事書く
現時点で残ってるのは孟徳・雲長・子龍・孔明
子龍 → 孟徳 → 雲長 → 孔明の順でやるつもり
みなさん師匠と雲長は最後の方にやったらいいよって言うもんだからさぁ
あと密にノーマルルートも後にやった方がいいんじゃないかって気がする(自分は初回プレイで不可抗力だったんだけど・笑

ちょっと飽きてきたのでこのへんでアッ!!というようなコトが起きないかしら
もちろんゲーム内で(笑

ゲームとか | TB : 0 | CM : 0 |

お父さんといっしょHOMEゲーム(+α)予約メモ

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://kananm.blog47.fc2.com/tb.php/2706-04b9d0e7


HOME
Copyright © 2017 机上九龍。, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi