机上九龍。

『デスクトップカオルーン』と読む偏った日常・GAME or DIE?

 Title → 森が生活

2012/11/11(日) 22:46:33
えぇ「森【の】生活」ではありません
「森【が】生活」です(笑

昨日は午後からネコ観劇に行ってしまって横浜から帰ってきたのが24時くらいだったのでblogサボリでスマン
でも行く道すがら森のいろんなことがどんどんオープンして焦ったw
・ハッピールーム展示場がオープンしてすれ違い通信開始
・コトブキが来てた(がこの日でなく翌日の今日会いに行ったので南の島は明日から・・・
・お家の初回ローン完済しかしもう1段階拡張申し込んだのでまたローン地獄
鬼だこの森には鬼がいる・・・ッ!! ← 「~だなも?」とかやさしく言いながら高額のローンを組ませる悪徳不動産屋w
・しずえからやっとジョウロをゲット

いっぺんに来んな(しかも移動中の電車内20分くらいで笑

最後いちばん重要www実際商店でジョウロが出なくて花が枯れそうだったの!!
まぁそんなカンジでせっかくだからその場からすれ違い設定して一日中持ち歩いてたら
なんと 21人!!
モデルハウスがガンガン建っていってすごい
このモデルハウスから非売品以外のアイテムは買うことができる(ちょっと割高だけど)のでどーしても欲しいものは買っちゃえーwとか思ったていうかさっそくテーブル買ってみた
(なんかテーブルだけなかなか出ないんだよねぇって師匠とも話してたんだけどね
明日以降届くので楽しみだぜ

ネコ観劇はあむかさんにお誘いいただいたのだけどせっかく会うのだからと便乗してローカル通信をやってみた
HNI_0071.jpg
わーピクミン帽子いいなぁw
てかステキな『誠』の旗SS撮るの忘れた・・・
いいんだ今度はWi-Fi通信でデザインともらうから!
てかぱっつぁんの衣装も作ってくださいお願いします(土下座


そしてきょうはリアル外が雨だし寒いし用事もないのでいちにちじゅうリアルお家に引きこもって森に居たダメにんげん

村長仕事をまったくやってないので朝もはよから(リアルはパジャマのままw)業務に勤しんでみた
HNI_0078.jpg
まぁ商店やらエイブルやらが開店するまでのひまつぶしですが(おい
まずは村ポイントを100Pにしなければいけないらしい

とりあえず村の旗を変更

マイデザインでキイロイトリを
 みっ   見えるよね?! トリに見えるよね・・・?(弱気
単純なのになんかものすげぇバランス難しいんだよこの子たち
HNI_0086.jpg
こちらのワンピースはProデザインで作製
ワンピースは裾部分がかなり広がっているので旗と同じデザインではドット絵が歪んでしまうので別個に作らないとダメだった
あとProは背中や両袖のデザインを別にできるのでうれしい
(前作までは腕・後ろ身ごろそれぞれに入っちゃってたので
色もかなり細かく使えるからすげぇなぁまぁ自分は絵心皆無なので単純なモノも四苦八苦ですがね(笑
他にもリラとコリラと作りたい
けど今日トリ作っただけでだいぶ疲れた(´Д`;

あとは花壇を整備
HNI_0014.jpg
最初裏庭みたいにしてたんだけどちょうどそこにおよその村からお引越ししてきて家が建って1/3つぶれた(笑
なので家の前に移植
前述の通りジョウロもゲットしたので育てまくるよー
今回は新色交配できんのかなぁ

でーひととおり巡回してー水もあげてー雑草2~3本くらいしかなかったけど抜いてーいただいたくだものを植えてー住民のお使い2~3こなしてー
とかやってたら村ポイント100P超えた模様
近日中になんかの申請が通るらしい(コレが条例制定フラグなのかな?
明日か明後日かは謎だが申請通ったら光速で眠らない村にするったらする
土日と定休日はともかく勤め人は開店時間内に店に行くのがかなり無理なのでね・・・


そんで今日は合い間に2度ほどWi-Fi通信したんだけど
長くなるんでそちらは別記事で書くねw

しかし通信してもぼっちプレイでも超楽し過ぎて超やべぇ
戻って来れなくなる(DS森のときもマジでヤバかった人

(ネコ観劇とBASARA舞台のことはあとで書く・・・かもしれんし書かないかもしれん ← どっちなんだ

ゲームとか | TB : 0 | CM : 0 |

リアル生活を圧迫(笑HOME初めてのお出かけ&お迎え

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://kananm.blog47.fc2.com/tb.php/3208-25a9260f


HOME
Copyright © 2017 机上九龍。, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi