机上九龍。

『デスクトップカオルーン』と読む偏った日常・GAME or DIE?

 Title → 閉廷してました

2013/08/03(土) 18:57:21
扁桃腺炎でぶっ倒れる直前の31日夜中の2時
『逆転裁判5』クリアしてました
20130731逆裁501
↑ お約束のラス前発声場面w


熱が上がらなくなってちょっとだけ楽になったので(しかし咳がひどいし声は出ないしでまだまだ絶不調ですが ← 寝ろ)忘れないうちに感想をば


総評としては
・ちょっとキャラ数出し過ぎでそれぞれの出番が少なくなってる
・ナルホドくんのパパっぷり&みったん信パパ激似(うん・・・どんどん似てくるよこの親子・・・
・もちろん1~4・検事1・2までやってないとわからんネタばっかりや
・しかしだいぶライトっていうか簡単になったなーまぁ初見さんにはちょうどいいかもだが上記の理由からまさか5からやる人は居ないだろうな?


とこれ以上書くとネタバレ必至で赤い検事局長に減給されそうなので
くわしくは“more...” ↓ よりどぞ



20130731逆裁502 20130731逆裁503
2~3章ですでにこのセリフ大量生産
このセリフは チヒロさんがゴドーが信パパが その命を賭して伝えてきた言葉なだけに安易に使って欲しくないなぁと
このあとも何度か言われてるのでここぞ!という場面以外では使わないでください・・・

一連の事件が最終話に向かって収束する逆裁ではたいてい1話くらいインターミッション的な話が入るのだけど今回は3話がそれに当たるのかな
しのぶちゃん(&ココネ)の過去話っていうのもあるかもだけどちょっと毛色の違う・・・
とか言ってたら
20130731逆裁505 20130731逆裁505a
「恋するギターのセレナーデ」キタ-----!!笑(実際は歌ってません
やはりあの衣装はラミロアさんオマージュだったのねそしてギターの代わりにガリュウウェーブの旗が燃えたんですねわかります
20130731逆裁504
しかし3話は銅像の欠片少な過ぎるわ遺体移動超大雑把だわラスボス裁判おかしいわまた性別偽装だわでワロタ
ギャグとはいえなぜ聴衆に真意を問うかwww
今回各話のラスボスがイマイチなんだよなぁもっと粘って粘って!!

しかしはやり響也は出てくるだけで笑えるイケメン(そんな結論


20130731逆裁507
そして徐々に真相に近づく予感の4話
オドロキくんの片目封印(そう封印だったのねコレ・・・最終話までわからんかった・・・)はここから
20130731逆裁509 20130731逆裁510
親友を殺されその真相に近づいていくうちにある疑念が沸き上がったことによって成歩堂事務所を(一時的に)離れる決意をしたオドロキくん
この封印は彼の能力【みぬく】を使わずに真実を見極めたい意志の表れだそうですよ(そうなの?
ていうか 親友居たんだね!よかったよかった・・・!! ← おまえオドロキくんを何だと
4ではまぁほとんどその身の上を明かされてなかった彼なので学生時代とかわからんかったし
(ていうか よくよく考えるとナルホドくんも生い立ちほとんど何も明かされてないよね?まぁ彼はピンク龍ちゃん時代&小学生時代&ヤハリ+みったんが居るからいいんだけどさ
20130731逆裁511 20130731逆裁512
しかしやはり真宵ちゃんは想い出の人なのか
お手紙要因になってしまったのはホントにさみしい(4でもそうでした
まぁ真宵ちゃんは個性が強いからなぁいろんな意味でw
新ヒロインが食われかねないしね(って思ってたらダメ通インタビューで制作側が同じこと言ってた
20130731逆裁513
そしてはみちゃんとみぬきは何のために出てきたのか
手紙持ってくる&人質要因てだけ?ファンサービス?
あのくらいの出番なら真宵ちゃん出してもよかろうに!とか思った自分
オールキャスト出そうとしてそれぞれの出番が少なくなってしもたってカンジかなぁ(前述の響也もそうかも
でもちょっと成長したはみちゃん超かわゆい将来もっと美人になるぞ
年齢は1~3の真宵ちゃんくらいになってるのかな?もっと活躍してほしかったなぁ
てか真宵ちゃんの2Dビジュアルは昔のそのままを使ってるようなので今回のと並べるとちょっと違和感
20130731逆裁508
あとポンコたちかわゆいですほしい

4~5話は流れるように繋がっていて葵くん殺害に関しては5話に持ち越し
20130731逆裁517
ナニこの格ゲーの合い間に挿入されるような対決シーン
思わず諸手を打ったぜカコイイ!!
20130731逆裁515 20130731逆裁516
他のシーンより力入ってないかっていうアニメパート(ゴメンみったんちみっとブレたw
わざわざメガネ外しのシーンを入れるくらいの手の込みようw
やはり2人がこのシリーズのキモっていうのは変わらないんだなぁと
目を見交わしただけで相手の意図がわかるライバルとかシビれる(え・・・わかり合ってるよ・・・?

20130731逆裁514
フッ この挑発する表情も現役時代から変わってなくて超カコイイなぁと思ってたら
20130731逆裁518
固有名詞を適当に覚えるクセも変わってなかった(´д`;
この後もずっとポンコ=タヌ子で通してたみったんワロタwww

20130731逆裁519
ナルホドくんの負けず嫌いなところも変わってなくて笑
こういう子供っぽいところがかわゆいのだけどそのせいで年下のユガみんに「34にもなるんだろう?オッサン(笑」とか言われちゃう彼がとっても愛しいw
まぁみったんに美的センスがないのはもう仕方ないのであきらめて

20130731逆裁520
むっ ナルホドくん視点から見た雛鳥ふたり かわゆい
雛鳥なのは自分の目だけですかそうですか
てか弁護席3人も居て狭くないのか(そういう問題か
20130731逆裁522 20130731逆裁523
まだまだ始まったばかりの人・ちょっと経験積んでいま成長してる真っ只中の人・いろいろ経験してだいぶ落ち着いた人ってカンジかな
攻殻で言うと アオイ・トグサ・部長 ってヤツですね(違
こう並ぶとその差が歴然としてるなぁ(そこ 信号機とか言わない
20130731逆裁524
そして新しい法曹界を支えていくであろう世代のふたりを見守るパパ世代
4では見られなかった穏やかな微笑み
ずっと言われてた【法の暗黒時代】の始まりが8年前の成歩堂弁護士捏造(冤罪)事件であり7年前のユガミ検事冤罪事件だったという図式は上手いと思ったがその影で犠牲になったヒトたちの救済はこのあとちゃんとあるんだろうね?
みぬき・オドロキ兄妹やココネちゃんやカグヤさんたち
4と5では影で理不尽に人生を狂わされたまま救済されないヒトたちがたくさんいるので6を出すなら今度こそちゃんと幸せにしてあげてほしい
犯人が捕まればOKって話じゃないだろ?逆裁はさぁ・・・

その真犯人についてはまぁ
だいぶ こじつけかなとも思わなくもなかったが笑
いくら感情が無いつっても6mダイブはどうよwww成功確率の問題だろソレwww
これもまぁ逆裁だからネ!で済んじゃうけどね(だってそれ言ったら3最終話でのトリックもね・・・;;;
彼はキャラとしては結構いい味出してたと思うけど最後の狙撃で死なせなかったのはちゃんと法の裁きを受けろということか


総じて青い人・赤い人が落ち着きすぎてるかなぁと思ったけど崩れた顔とか健在だったしでももっと活躍見たいなぁとか弁護士3人だったからオムニバズ方式みたいだったとかココネちゃんは新ヒロインじゃなく新弁護士だからサポート要員じゃなく主人公のひとりなんだよねとか最終話のココネちゃん(幼少時の)扱いちょっとかわいそうだなぁとかユガみん → ココネちゃんへの愛情表現をもちっとねとか法の暗黒時代8年間を生き残ってきたサイバンチョってもしかしてすげぇやり手なのか?とかやっぱりあの兄妹を幸せに・・・とかこの流れで行くとぜったい6!6は出るんだよね?!とかあーなんかもっと言いたいことたくさんあるのになぁとか

20130731逆裁521
しかしやはりこの表情 信パパに似てる
(てかあとでiPhone見たら画像アルバムが赤かったですどんだけ笑

そして青赤対決直前
ナルホドくんの着メロが変わってないことを確認(たぶんケータイ本体も変わってない
やっぱりまだトノサマンかよwww


クリアしたので
20130731逆裁525
ムービーとイベントカットが解禁
これであの対決シーンをなんども見られるってもんよw
20130731逆裁526
そして1話クリア時に解禁される「クイズ逆転推理」の序章も
本編は8/1より3週にわたって配信される予定 もう1回目の配信始まってるね
まだこちら未プレイ&DLしてないけど楽しみ(カンタンというウワサ・・・
あと配信日未定だけど別シナリオの配信も楽しみだなぁ

今後も攻略本・サントラCD・ドラマCDと目白押しなのでしばらくは余韻を楽しみたい
システム面やらキャラの処遇やらでちょっとは文句あるけど
とりあえず

おかえり!ナルホドくん!!
またヨロシクねw

ゲームとか | TB : 0 | CM : 0 |

ゲーム本は楽しいHOME木曜はゲームday(金曜ですけども

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://kananm.blog47.fc2.com/tb.php/3437-708b06f4


HOME
Copyright © 2017 机上九龍。, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi