机上九龍。

『デスクトップカオルーン』と読む偏った日常・GAME or DIE?

 Title → 怨霊蔓延る帝都へ

2014/04/07(月) 00:05:03
っていうとライドウみたいなんだけど違います

20140406メビウスライン01
BL『大正メビウスライン PORTABLE』をやっと始めたよ
PCからの移植でもちろん18R部分は無し
第1次大戦後の大正時代の怨霊渦巻く帝都を舞台に軍部との対決を描く浪漫活劇

ってカンジなのだけど
まぁ BLだし笑

PC版の評判はそれなりにいいみたいなのでちょっと期待してプレイ開始
まずOP曲がけっこういいかな
劇中のBGMも悪くない 音楽超重要

攻略対象ひとりのルートに入ったあたりでこれ書いてるのでまだ序盤ですが
ここからはイベントスチルもあるので“more...” ↓ からどぞ




Mebius_0001.jpeg
この子が主人公の柊京一郎くん
書生姿に護り刀で初々しいです
農村の名士・庄屋の跡取り息子で帝國大学に入学するため帝都に出てきた17~8才(くらい?
真面目な性格でちょっとだけ引っ込み思案だけど初対面の人間についてっちゃう迂闊さもあってちょっとあぶねぇぞオイ!ってミサキでなくとも言いたくなるあたり主人公のセオリー通りの天然ボケ気味
でも乙女ゲ含むこの手のゲームによくいるKY脳足りんキャラではなく確固たる信念を持ちそれを曲げることなく敵と対峙するわりと猪突猛進っぽいとこもある好感の持てる主人公で自分は好きな方かな
この年代にしては大人しくて穏やかでちょっと控えめなのは
Mebius_0005.jpeg
こういう能力の持ち主なせい
いやーいくら危害を加えないつっても自分もこれはイヤだわー超怖ぇよ!!
しかも後天的に身に付いたこの世ならざる者が視えるこの能力のために帝都に着いた早々事件に巻き込まれる羽目に
Mebius_0012.jpeg
あ 日本刀が好きな方はプレイすると吉だと思います
この時代だから帯刀許可証あれば学生でも持ち歩けるんだって
軍人さんたちもすぐ抜くよ!!(そゆことじゃねぇ
Mebius_0014.jpeg Mebius_0018.jpeg
怨霊を黄泉から呼び出し武器として利用している軍部に向かって憤る京一郎
どう見ても勝ち目がない状況でも小さいころから亡者と成り果てた元人間の姿を見続けててきた主人公の信念は変わらず立ち向かうっていうのはお約束

Mebius_0015.jpeg Mebius_0021.jpeg
このように怨霊戦記っぽいので祝詞などもそれなりに出てくる
これ声優さんたち大変だろうなぁ舌噛みそうだよwww

あと軍部が敵なので
Mebius_0013.jpeg Mebius_0019.jpeg
軍服マニアにも美味しいゲームです
右:何だ帝都物語の加藤か(違

他にも浅草十二階凌雲閣が出てきたり結界だの黄泉比良坂だのてんこ盛りで出てきますが
Mebius_0020.jpeg
まぁ こういうゲームなのでw


今は軍と敵対する五本刀という組織の頭領・時雨@三浦さんルートに入った・・・よな?ってあたり
直近で三浦さんといえばミステリアの明智かな
あっちでは攻略対象とはいえゲストっぽいカンジだったのでイマイチ印象が薄かったんだけど時雨は明朗快活ちょっとだけ兄貴肌っていう王道キャラで小気味よい青年ってカンジ
主人公と笑いあってたりするとなんかわんこ2匹がじゃれてるみたいでかわゆいよキミたち・・・!!
まだアレなシーンはぜんぜん出てこないので普通の怨霊戦記みたいだけど個別ルートに入ったのでこれからに期待
今んとこ時雨と雄真の関係がすげぇ気になります(主人公との行き先よりも笑

初回プレイなので全テキストをある程度読んでるせいか進みが遅いけどルート分岐以降も意外と長いのかな?
攻略キャラは4人と少なめだけど1キャラ分にボリュームがあるならそのくらいでいいかな
まだまだ序盤なので言い切れないけど自分的には合ってるかも
テキストもそれほど読みにくくないし(レェスやクゥデタァとかいうのが多いけどこの時代元々そうだしな)先に書いたようにBGMも悪くないし音声も皆抑えたカンジでよろしい
システムもキャラごとの音声のON/OFFやボイスセーブ(全編で出来る)や細かい設定変更可能なところも〇
スキップはまだ使ってないのでどのくらいの速度かは不明
データインストールもできるのでアクセス早くなるのかも?自分はインスコしないでプレイしてるけどそんなに気にならないなぁ

まぁこの分だとフルコンプクリアまでがんばれそうなのでがんばる

ゲームとか | TB : 0 | CM : 0 |

DQX 戦いの合間の安らぎHOMEDQX スパスタ解放

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://kananm.blog47.fc2.com/tb.php/3660-92a2c83e


HOME
Copyright © 2017 机上九龍。, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi