机上九龍。

『デスクトップカオルーン』と読む偏った日常・GAME or DIE?

 Title → 千年の【呪い】

2017/09/10(日) 23:42:34
またの名を【恋】という

20170910祝姫01
こちらも先日クリアした『祝姫-祀-』
あのひぐらしやうみねこの竜騎士07さん作の移植なので期待して到着後すぐプレイ開始

20170910祝姫10
14時間くらいでトロコンクリア
アレッ?意外と短・・・かった?
ぶっ通しでやったらたぶん1日かからなかったよコレ(手紙か
いやさすがに3日くらいに分けてやりましたけどね

あーうーえー
期待が大き過ぎたせいかクリア後
ちょっと かなり 拍子抜けした
現代版ひぐらしってカンジで始まったから余計に
ダメってワケじゃなく雰囲気やモチーフはすごく良いと思うの思うんだけど

結論から言うと正直期待したほどではなかったです
まぁ こちらが勝手に過剰な期待をしたのがいけないんだ と思うことにした

イマイチな感想だけどグレートに読んでやるぜ!っていう親友は“more...” ↓ からどぞ・・・




お話は日常のふとしたところに潜む魔の誘い=霊障に悩まされるヒロインたちから始まる
導入部のあと4人のヒロインの今とわけが分からないまま進んでBADという問題編のような4編のあとそれぞれのハッピーエンドのような4編を経て解決編の2編と番外編1編という構成になっていて
選択肢は一切無くシナリオは順番にオープンしていくのでそれを読んでいくだけなので周回や既読スキップの必要ナシ
ハッピーエンドもどきの3編だけ誰を選ぶか聞かれるけどどの順で読んでも問題なし
ビジュアルはキレイでかわいいくてカッコよくてグロいwww
そして血は赤です(それ以外も


ものすごく雑にお話を説明すると
「千年前の呪いに関わる主人公がその身をもって呪いに苦しむ4人のヒロインを【復讐】という手段以外で救う話」なんだけど
ひぐらしもうみねこも熱い主人公&ベースが復讐劇だったのでかなり違った印象を受けた
最終的に主人公はヒロインたちを救うことで死ぬわけなのだがこれがいわゆるメリバ(メリーバッドエンド)と言われるエンディングなのかと思う終わり方
それまでヒロインたちを苛んでいた霊障(という呪いの現象)に主人公がなってしまう(しかも呪い自体は解けたので他の霊障は避けて主人公の霊に限定されている)という一種ご都合主義のような展開でちょっと首を傾げた
メリバを否定するわけではなくこの場合結論を先送りしてるだけなんじゃないのかなーとも思うのでできれば何人かは現実に生きる選択をしてほしかった(でないと命を張った主人公が浮かばれなくない?
そしてこのEDのラストでこれが真の災厄ということになるのかと(主人公の血筋が絶える

ヒロイン4人(5人)については
バキコ・エリス・リリーの3人はまぁグロやバイオレンスを楽しんでくださいってカンジで(いや自分でも驚いたけど思ったより印象に残ってなかったんだヨ・・・
十重ちゃんとタマユンはけっこう良かった
特に真ENDのラスト「あなたは誰ですか?」という十重に対する涼の問いかけから告白そして死に至るまでのシーンはゲーム中でいちばん好きな場面だった
あそこだけが終始自身が英雄か聖人か神様のようだった主人公・涼の感情があふれ出た素晴らしいシーンであった
タマユンは現実世界のほうがエグくてある意味作り物だとわかっている霊障なんかより人間の方がひどくて怖いんだよということを見せてくれた話
自分もホラー自体が怖くないのは作り物だとわかっているから
いつだってどこだって 生きているにんげんのほうがこわい

20170910祝姫02 20170910祝姫03
冒頭の雰囲気でコレは怖いかな?と期待したんだけど
呪いや霊障などがテーマだけどそっちは全く怖くなかった(元々ホラー平気だけど
むしろ前述したけど人間のえげつなさの方が怖かったね過去も現在も
ちょっとアレ思い出した真に流行らない神の1作目(比べたらめっちゃ怒られそうだけどグロ部分とか胸糞悪い話ってとこがね
自分はグロ耐性もあるので血とか臓物とかざっくざくとかそういうのも大丈夫なんだけど
ホラーというよりグロの方が強いかな画像よりテキストと音!この『音』がすごいです・・・肉に刺さる音・骨の砕ける音・叩き潰される音・汁っぽい物の滴り飛び散る音
そういったものが苦手な方にはおススメしない
あとちょっとだけど虫系も・・・(´Д`;)
タマユン編で神様といえど「人を呪わば穴二つ」というのは単なる故事諺ではないということが明らかになったけど八岐大蛇出しちゃうかー神代の神話ってことだからまぁいいけどねw

どうしてもひぐらしうみねこの2作と比べてしまうんだけどかなり物足らないし言いたいことがちょっと不明瞭かなぁと
あと主人公が個人的には苦手なタイプ・・・煤と呪いのせいでヒロインたちが惹かれちゃうのは仕方ないとしてこんなに人間味の無いオトコはちょっと笑 あんな人がいたら逆に不気味に見えると思う・・・
なので前述したあのシーンだけは彼の感情が垣間見えて特に印象に残った

女の子たちでは十重ちゃんとタマユンが好きだけど男性キャラでは断トツで翔様www
20170910祝姫06 20170910祝姫07
扱いひどいけどドSクズからドMクズにジョブチェンジしたりでおもしろかったwww
脇キャラのくせに結構それなりに出番あるし笑
最初に出てきた瞬間「あっコイツ嚙ませ犬」ってクズで小物感満載だったのでマジでものすごくわくてかして見てた
カオチャの川原くんとは逆のベクトルである意味わかりやすいクズっぷりで彼のエピソードFDとかで作って欲しいくらいwww
クリア後に感想を読み歩いていると「翔様は意外に紳士でギャップが云々」という記述がけっこう見られるんだけどアレは紳士だからではなく結婚前に色々やっちゃうとめんどくせぇから我慢しとくかくらいなんじゃないかなコイツの場合と思ってる自分w

20170910祝姫08
まぁこういうお遊びていうかおふざけは相変わらず笑
ニヤリとするかナニコレってなるかはプレイヤー次第

20170910祝姫05
バキコの部屋www
彼女はひぐらしのレナっぽいなぁって思いながらプレイしてた
キレたらもうめっちゃ強い強い笑

20170910祝姫09
本編クリア(真END)するとタイトル画面が変わってタマユン編(結姫)が出現
このタマユン編はプレイ開始時からでも読めるけどPC版プレイしてますか?って聞かれるw
どのみち本編やってないとわからないのでクリア後推奨です


いろいろ書いたけど
それでも先が知りたくて一気に読んでしまったので楽しかった
この「先を読ませる」力というのは実はとても重要なファクターなのだけどその力が無い場合リアル本なら5Pも読めばすぐわかる(ので買わない)がゲームはそうもいかないので勘で買うというある意味大博打なのだw
その点でやはりこの作家のシナリオはおもしろいんだなと
この調子で彼岸花やローズガンズデイズも移植してほしいですな(彼岸花は1話だけ3DSで配信されてるけどその後の音沙汰無し

ゲームとか | TB : 0 | CM : 0 |

らいねんもどせいさんです(●´・⊃・)ぽえ~んHOMEオレはたばこにひをつけない

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://kananm.blog47.fc2.com/tb.php/4421-a9e2ad3b


HOME
Copyright © 2017 机上九龍。, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi